>コラム>コンピューターで楽々作業!学んで得するcad活用術

コンピューターで楽々作業!学んで得するcad活用術

男性

cadには3Dcadもある

設計図面をコンピュータで作成するツールのことをcadと言います。従来はxとyの座標データを持つ2次元cadが主流でしたが、最近は3Dcadと呼ばれるものも普及してきています。これはxとyに加えて高さを表すz軸に関するデータを操作できるツールで、平面上で設計するしかなかった従来のツールに比べて、より立体的に設計を進められるという特徴があります。このおかげでツール内部品同士の干渉を事前にチェックすることが可能になり、必要な工程を大幅に短縮できるようになりました。立体をモデリングできるという機能のおかげで、従来は難しかった有機的なデザインの作成も可能です。曲面が入り組んだ複雑な形状を扱えるのは、他にはない特徴と言えます。

PC操作

セミナーもあるので使い方を学ぶことができる

扱うデータ軸が一つ増えたことで、3Dcadは高い表現力を備えたツールへと進化しました。しかしその一方で、従来の2Dcadに慣れた人には理解しづらい点も多く、操作の習熟が難しいという現実も生じています。仕事で使いたいが不安もあるという人は、3Dcadのセミナーに参加してみるとよいでしょう。スペシャリストが基本的な使い方から応用的なデータの作成方法まで教えてくれるので、理解もしやすくすぐに業務に取り入れることができます。セミナーといっても長期間に渡るものは少なく、業務の間でも十分に習得が可能です。3Dcadのセミナーにはいくつかのコースが用意されています。習熟度や希望のスキルに合ったコースを選び、プロとして活躍できるようさらなるステップアップを目指しましょう。